門司自治総連合会
年間スケジュール
ホーム > 主な活動紹介

町内の連絡・回覧
 毎月、1日と15日は市政だよりの配布日です。市政だよりには、暮らしに役立つ「お役立ち便利情報」や季節に合わせた「おでかけ情報」、「講演会」へのご案内など情報が満載!

 この市政だよりは、北九州市広報室広報課が発行・編集しています。市から配送された市政だよりは、各校区の公民館などに届きます。公民館では、市政だよりやチラシを町内会ごとに仕分けをして各町内会長さんに取りに来てもらいます。次に町内会長さんは班ごとに仕分けをして各班長さんに渡して最後に班長さんが各世帯に配布します。

 このように、たくさんの人の手を経てポストに届く市政だよりや回覧板ですが、ポストに入ったままになっていたり、なかなか回って来なかったりした場合は、「何かあったのではないか・・・」と隣近所の方が気付くことができます。人と人とのつながりがだんだん希薄になっていると言われていますが、何気なく回している回覧板がご近所をつないでいるのです。
回覧板 市政だより

生活・安全パトロール隊
 地域における犯罪抑止対策として、犯罪者が嫌がる環境づくりや、地域が持っている犯罪抑止機能を高めるために、「自分たちの地域は自分たちで守る」を合言葉に、小学校区単位に「生活安全パトロール隊」を結成し、地域で自主的なパトロール活動を行っています。

 現在、門司区では、全校区に「パトロール隊」が結成されていますが、地域の犯罪、事故等の防止、子供や青少年の非行防止、地域安全環境の調査、その他地域安全上必要とする活動等を目的としたパトロール活動を行っています。
防犯

市民防災会
 阪神・淡路大震災で、住民の自主防災活動の重要性が指摘されたことにより、これまで地域における火災予防活動を担ってきた「防火協会」が、防火・防災活動を一体的に推進する組織である「市民防災会」として、平成9年7月、新たに発足しました。「向こう三軒両隣り みんなで気配り助け合い」をスローガンに、消防機関と密接な連携をとり、市民の防火・防災思想の普及と高揚を図り、地域ぐるみの自主防災体制の確立に向かって積極的な活動を行っています。
防災

3Rの推進
 大量のごみがあふれています。環境を守るためには、どうすればよいでしょうか。今まで「ごみ」として捨ててしまっていたものを、これからは「資源」としてくり返し使っていくことが必要です。「使い捨て型社会」から「循環型社会」に変えなければなりません。大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会のあり方やライフスタイルを見直し、環境への負荷を抑えた「循環型社会」を形成するには、ごみのリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の3R(スリーアール)に取り組むことが不可欠です。

 3Rとは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字を表し、その意味は次のとおりです。
3R
■Reduce(リデュース)
 使用済みになったものが、なるべくごみとして廃棄されることが少なくなるように、ものを製造・加工・販売することです。
※必要ない物は買わない、もらわない。買い物にはマイバッグを持参する。等
■Reuse(リユース)
 使用済みになっても、その中でもう一度使えるものはごみとして廃棄しないで再使用することです。
※詰め替え用の製品を選ぶ。いらなくなった物を譲り合う。リサイクルショップに売る。等
■Recycle(リサイクル)
 再使用ができずに、又は再使用された後に廃棄されたものでも、再生資源として再生利用することです。
※ごみを正しく分別しリサイクルしやすくする。ごみを再生した製品を利用する。等

 3R活動とは、この3つのRに取り組むことでごみを限りなく少なくし、ごみの焼却や埋立処分による環境への悪い影響を極力減らすこと、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくろうとするものです。この「3R」活動を広げていきましょう。

ごみステーションの管理
【防鳥ネットや清掃用具などの購入経費に対する補助金交付制度】

 ごみの集積所に真っ黒い大群のカラス。側を通ると襲われるのではないかと怖い思いをしたことはありませんか?カラスに狙われたごみ集積所は指定袋がつつかれ、中の生ごみが散乱して見るも無残な状態になり清掃をする町内会の方々も大変です。市では、カラス、犬、猫などによるごみの散乱を防ぐため、防鳥ネットや清掃用具などの購入経費に対し補助金交付制度を実施しています。
からす

■補助要件
  1. 北九州市にステーション代表者を届け出ていること。
    *ステーション代表者は、ごみステーションを利用している地域住民の代表者または、町内会長などごみステーションの管理者であること。
  2. 地域住民が補助対象用具を適切に維持管理すること。
  3. 前回の交付から3年以上経過したごみステーションであること。
■補助対象品目
 カラス、犬、猫などによるごみ散乱防止用ネット及びプラスチック製容器包装等の飛散防止などに使用する用具(ネジ・ロープなど)、ほうき、ちりとりなどの清掃用具。
■補助金金額
 購入金額(税込)の2分の1(10円未満切捨て、上限5,000円)
※1ステーション1回の申請ですが、前回の交付申請から3年以上経過した場合は再度申請できます。
  平成24年度の補助金を受け付けます。
ごみネット
◆ 手続き手順 ◆
1. 門司区衛生協会連合会に申請用紙を取りにきてください。
(門司区役所コミュニティ支援課内)
*このサイト内からでも入手できます。
 町内会長がステーション代表者の場合、その場で用紙を記入・押印し、すべて申請を完了できるため、領収書(宛名は個人名や上様などではなく、町内会や班、マンション管理組合などの名称を明記したもの。何を買ったか分かるもの。)と印鑑(シャチハタ不可)をご持参ください。
2. 必要書類を門司区衛生協会連合会へ提出してください。
 申請の際は、
(1)ごみステーション維持管理用具購入内訳書
(2)ごみステーション管理補助金交付申請明細表兼実績報告明細表を必ずセットにして提出してください。但し、
3. 申請月の翌月末~翌々月上旬にかけて、門司区衛生協会連合会を通じて補助金を交付します。

【ごみステーション集積容器等設置補助金交付制度

 民有地であり各環境センター長の許可を得たステーションであれば、ごみステーションに集積容器を設置することができ、市では、この購入経費に対し補助金交付制度を実施しています。

■申 請 者
申請するごみステーションを利用している市民の代表者または町内会長など(管理会社、不動産業者、建設会社、別地域に居住しているマンションのオーナーは申請できません。)
*市にステーション代表者を届け出ていることが補助要件となります。
■補助対象品目
カラス、犬、猫などによるごみの散乱を防止するためのごみステーション集積容器等の新設または、維持管理を向上させるための改修費用。
■補助金金額
購入費(税込)、制作費、製作委託費或いは、製作に必要な原材料の2分の1(上限50,000円)
※1ステーション1回の申請ですが、前回の交付申請から3年以上経過した場合は再度申請できます。

◆ 手続き手順 ◆
1. 門司区衛生協会連合会に申請用紙を取りにきてください。
(門司区役所コミュニティ支援課内)
*このサイト内からでも入手できます。
2.申請用紙に記入をして、見積書等(設計書・カタログなど集積容器の形状・設置場所等を把握できるもの)を揃えて、新門司環境センター(門司区の場合)に提出して下さい。環境センターが現地調査を行った後に購入、設置をしてください。
3.設置完了後、購入した集積容器等の領収書(原本)、完成写真3枚(前・左・右方向から撮影したもの各1枚。デジカメのカラープリント可)を環境センターに提出してください。
4.環境センターが現地確認を行った後に内訳書の「環境センター所長印欄」に確認印を押印します。.内訳書、見積書、領収書(原本)、完成写真3枚を添えて町内会長に提出してください。
5.町内会長は、明細表を作成押印後、内訳書、見積書、領収書(原本)、完成写真3枚を1ケ月毎に門司区衛生協会連合会へ提出してください。

 申請の際は、
(1)ごみステーション集積容器等設置補助金購入内訳書
(2)ごみステーション集積容器等設置補助金交付申請明細表兼   実績報告明細表
(3)ステーション状況調査票(集積容器等設置補助金用)
   を提出してください。

3. 申請月の翌月末〰翌々月上旬にかけて、門司区衛生協会連合会を通じて補助金を交付します。


赤い羽根共同募金
 地域の支えあい活動として、福岡県共同募金会北九州市門司区支会の主体のもとに、町内会では、社会福祉施設の整備充実、高齢者福祉活動などに活用されている「共同募金活動」を行っています。
出陣式
街頭募金、出発式
■共同募金活動とは
 赤い羽根をシンボルとする共同募金は、今日では各都道府県に設立された共同募金会が実施主体となって、社会福祉を目的とする様々な事業活動に幅広く配分されています。共同募金は、人々が共に生きていこうという「たすけあい」の心に支えられ、人々の幸せを願って共に歩んできました。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、使われています。 赤い羽根
■運動期間は
 厚生労働大臣の告示により、毎年10月1日から12月31日までの3ヶ月間とされており、12月には、「歳末たすけあい募金」もあわせて実施しています。
赤い羽根
■寄せられた募金は
 皆様の善意により寄せられた募金は、次のような地域の福祉事業に活かされています。
高齢者福祉活動に 赤い羽根イメージ
年長者の生きがいづくり、健康づくりのための活動
老人福祉向上に寄与する活動など

障害児・者福祉活動に 赤い羽根イメージ
身体障害児・者の福祉増進と社会参加を目的とした活動など

児童・青少年福祉活動に 赤い羽根イメージ
子ども達の非行防止、健全育成を目的とした少年補導員の支援
子ども会の球技大会や駅伝大会など

住民全般福祉活動に 赤い羽根イメージ
ふれあいネットワーク事業
高齢者見守り訪問、環境美化活動、世代間
交流・仲間づくりを目的とした活動など

県内の福祉施設に 赤い羽根イメージ
県内の社会福祉施設(入所施設)の整備費や運営費など

募金活動推進のために 赤い羽根イメージ
募金活動をする上で必要な資材の購入費用
など


ナビゲーション
門司区自治連合会について
門司区衛生協会連合会について
自治会(町内会)および衛生協会の活動
自治会(町内会)および衛生協会の役割
自治会(町内会)加入のご案内
主な活動内容のお知らせ
各校区紹介
関連リンク集
お問い合せ
ブログ
赤十字
サイトマップ
ホーム
 
町内会のぼり 町内会のぼり2
門司総連
門司区自治総連合会